【セミナー報告】SUUMO「空室対策の意識と行動の実態」

勉強会のご報告

募集の案内はこちらでした

【10月セミナー】SUUMO「空室対策の意識と行動の実態」
ご挨拶 皆さんこんにちは。三重大家さんの会です。 緊急事態宣言が空け、状況を見ながらですが セミナーを急遽開催することができるようになりました。 今回は四日市で、お店を借りてそこで実施をする予定です。 ぜひご参加ください。参加...

 

ご挨拶

みなさんこんにちは。三重大家さんの会です。

10/16(土)に勉強会を開催しました。

今回は、リアル開催です。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 

タイトル

入居率の高いオーナーと低いオーナーは何が違う?

「空室対策の意識と行動の実態」

属性/自主or委託/経験年数でも違いがあります!

 

講師

株式会社リクルート

松本龍二(マツモトリュウジ) 様

1994年株式会社リクルート入社後、住宅情報・フォレント等の賃貸情報誌営業・制作・編集・企画業務12年を経て退社。
横浜の賃貸系不動産会社にて約3年の実務を行った後復帰。
復帰後は不動産実務経験を活かした不動産会社向けの商品企画開発・推進を行い、
現在は賃貸オーナー向けサービスの企画・運営業務の一環として全国各地の大家団体を中心に講演活動を行っている。

 

内容

1.10戸以上保有しているオーナーはどんな人達?
2.入居率の高いオーナーと低いオーナーの違い
・属性でも違いはある?
・マーケティングの意識と行動は?
・退去抑制対策は?
・オーナー自身による募集活動は?
・広告料、賃料交渉は?
・そもそも空室要因は何?
・入居率を高めるために必要なことは?
・不動産会社との付き合い方や選び方は?
・自分は大家?経営者?それとも投資家?

 

感じたこと

今回のセミナーでは、項目に対してこういった数値が出ている、なのでこう言えるのではないか?

という、調査データから客観的に見えることをご説明いただきました。

詳細な内容につきましては、ここではご紹介しませんが、

自分の経験と照らし合わせても、たしかにそうだと思う部分が多かったです。

最近はzoomでやることも多いです。実際に質問しやすく、聞き取りやすいのはリアルでの開催です。

どちらもいいところがありますが、リアルのよさも改めて体感しました。

 

懇親会

1席ずつ開けて、ソーシャルディスタンスを保って、そのまま懇親会を行いました。

こちらもzoomだとなかなかお話できない内容を話せる、というのがいいですね。

メンバーの状況を知れて、とてもよかったです。

 

次回予定

11月どうするか、については検討中です。

11月か12月に忘年会が実施できるといいな、と思いますが、

お仕事が入りつつある状況・・・。日程は早めに連絡したいと思います。

 

次回もよろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました